スピード婚はうまくいく?交際期間が離婚率に影響するのか?

ハイスペック男子になって実感すること。パイロットだと言って交際すると初めから「良いお嫁さんになる」「私が家庭を守る」「家事・料理は超得意」「早く子供が欲しい」と結婚を意識した発言を頻繁に聞きます。

いわゆるスピード婚希望が多いので、こちらからプロポーズすればいつでも結婚できるような状態になっている。

ではスピード婚は果たしてうまくいくのでしょうか?今回はハイスペック男子目線でスピード婚について考えていきます。

スピード婚はうまくいくのか

スピード婚はうまくいくのか。結論、それは双方が望まない既成事実(デキ婚)などによる結婚ではなく、お互いを尊敬しどれだけ愛しているかに左右されると思う。

私自身も妻と出会ってから2ヶ月で結婚しています。ただ最初からスピード婚を望んでいたわけではなく、むしろ会社や友人の間ではなかなか結婚しない男・結婚願望のない男・独身を貫く男だと思われていた。笑

世の中ではスピード婚は離婚率が高い上にスピード離婚すると思われがちだが、全ての人に当てはまるわけではないと思います。スピード婚を実際にしてみたが、結婚生活が長くなった今でもうまくいっています。妻のことを相変わらず大切に想っているし、飽きることもありません。

周囲の女性にはなぜかスピード離婚すると予想され、浮気や不倫の誘惑を受けることもあったが、そう来る人には「妻以外に興味はないし、来世でも妻と一緒になりたい」と笑って撃退しています。笑

スピード離婚が多い現実

世の中にはスピード婚の後、スピード離婚が多いのも現実。一体、スピード離婚の原因は何なのか?

よくある主な原因
  • 望んでいなかった妊娠でデキ婚してしまった
  • 年齢による焦りで結婚してしまった
  • お互いのこと性格・価値観が分からないまま結婚してしまった

交際期間が短いほど離婚率が高いとよく言われるのは、相手をきちんと知る前に浅い考えや焦り、何らかの理由による責任やプレッシャーに負けて結婚してしまったことが原因だと考えられます。

ただ逆に交際期間が短いほど結婚することに慎重になるのでかえってうまくいくケースもある。また長い間ズルズルと付き合って結婚せずに破局することもあるし、結婚後も長く付き合ってきたせいでマンネリ化して浮気や不倫に走り離婚に至ることもある。

結局、交際期間が結婚の良し悪しに影響するというのはケースバイケースであって、本当に大事なのはまず上記のような理由で焦って結婚しないことと相手のことをしっかり知ることです。

最も相手を見極めるのは自分自身が精神的に自立していないと難しいので、日頃からどんな男性からも追いかけられるような内面の充実した女性を目指すことが大事。

スピード婚した私が妻をどう思っているか

自分は現在の地位を得るまでに相当な努力をしてきたので、自分以上に内面の充実した努力家な女性と結婚したいと思っていたところに現れた女性が現在の妻です。

出会ってからデートを重ねていくと相当な努力家で精神的に自立した素敵な女性だと分かり、すぐにこの人しか結婚相手はいないと感じました。

私自身を越えるハイスペック女性の彼女。このような女性出会う事はもうこの先ないだろうし、自分も更に努力を重ねて、人生をかけてこの女性を幸せにしたいと思った。一時的な感情に流される訳でもなく、この人となら一生涯を共にできる、何があっても幸せにしたいと心から思えたことが2ヶ月でスピード結婚を申し込んだ理由です。

「結婚」は一生涯を共にするパートナーを選ぶこと。何らかの焦りやプレッシャーを理由にするものではなく、この人となら納得して結婚できるし、何があっても幸せにしたいと心から思った時に結婚することがベストだと思います。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018