低身長でも客室乗務員(CA)になれるかという疑問に現役CAが答えます

客室乗務員(CA)を目指す方からよく質問されるのがこちらの質問。

「身長が低くても客室乗務員(CA)になれますか?」

実は日系航空会社では身長制限を設けているところはほとんどない。とはいえ低身長でも採用されるのか?乗務が可能なのか?という不安の声をよく耳にします。

その不安や心配を解消するためにこの質問に現役CAが回答します。

結論「身長が低くても客室乗務員(CA)にはなれる!!」

結論から言うと、身長が低くてもCAにはなれます!

日系の航空会社では身長制限については明記されていませんが、実際に国内大手航空会社だと158cm前後の人が多く乗務しています。それより若干低い身長のCAもいます。

しかし150cm台前半の人からそれでもCAになりたい!自分はCAになれるのか?と多々質問を受けます。そのような人には日系大手2社を外して他のエアラインを受験する事を勧めています。大手以外の日系航空会社では150cmピッタリの人や150センチ台前半でも実際に乗務している人を何十人と知っています。(特にLCCはB737やA320など機材が小さいので狙いやすい)

私の知り合いのCAで一番身長が低いのは140センチ台後半。

ただし外資系エアラインは会社によって採用条件が異なり、身長制限を設けていることもあるのでよく確認してください。

外資系は航空会社によってはアームリーチを身体検査で測定されることもあるので、ある程度の身長がないと厳しいです。決められた所に手が届かなければ乗務に支障があると判断されてしまい不合格になってしまいます。もし低身長、乗務未経験で外資系エアラインを目指すのであれば機内通訳を募集しているエアライン、もしくは身長制限の低い航空会社を狙って下さい。

また裏技的な方法ですが、低身長で外資系CAを目指す場合に合格率を高めるため、日系エアラインで乗務経験を積んだ後、経験者採用枠に応募する方が合格の可能性は高まります。(身長制限を重視しているエアラインは除く)

そもそもなぜCAに身長が必要なのか?

オーバーヘッドコンパートメントに手が届かない

オーバーヘッドコンパートメントは乗客の頭上にある荷物入れのことです。

A380やB777を始めとするワイドボディ(大型で通路が2本ある機材)だと160センチくらい身長があっても手が届きにくく、少しきついなと感じることも。荷物が重すぎて上に押してもどうしても閉まらなかったり、届かなかったりする場合は機体の客席の座席横に足をかけられる部分があり、そこにCAが乗って閉めている。(いちいち足をかけないと届かない身長の低い人は離陸前の安全性の確認に時間がかかります。)

物理的な問題や業務効率を考えて身長制限を設けているのでしょう。

乗降口ドアの操作

オートマチックモード(緊急時に使用するスライドが膨らむモード)に入っている乗降口のドアは緊急時に所定の操作をすれば自動で開くようになっています。

しかし、これが故障等なんらかの理由で上手く作動しないと、CAが手動でドアを完全に開けなければならないのですが、身長が低く、アームリーチが短い人は届かないこともあるため身長制限が設けられているのでしょう。

低身長で客室乗務員(CA)に合格するために必要なこと

航空会社選びが重要

実際に150センチ台の低身長の人が乗務している会社の情報を集めましょう。大学のOB、CAスクールに通っているなら卒業生や乗務経験のある講師、その他周囲の航空関係者などに積極的に情報を聞くこと。

自分で航空会社の採用情報を調べるときには「使用している機材」に着目するのもポイント。B737やA320などの小型機材を使用している航空会社は低身長でも積極的に採用していることがあります。

ただし保有機材が小さいからと言って必ずしも低身長でOKという訳ではありませんのでよく情報を集めるようにしてください。

低身長をカバーする「何か」を持って採用試験に挑む

実際で低身長で採用試験に挑むと必ずと言っていいほど面接官に聞かれる質問があります。

面接官「あなたは身長が低いですが、その弱点をどう克服して業務に臨みますか?」

低身長であることは業務の支障となることもあるため、面接官も採用には慎重です。そこで重要なのが低身長をカバーするあなたの強みです。

低身長だけど自分にしかできないことは何なのか。自分より身長の高い人に負けない強みは何なのか。はっきりと自信を持って面接官に伝えられるように準備すること。面接官に「この人は低身長だけど〇〇がCAとして乗務する上で強みになるからぜひ採用したい」と思わせることが重要です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2019