「モテる女性はなぜモテる?」ハイスペック男子が分析するモテる女性の共通点

モテる女性はなぜモテるのか。そんなに特別美人でもないのにモテる女性。一見、普通なのに適齢期でハイスペック男子と幸せそうな結婚をしていったあの女性。

「あの人より私のほうが魅力的なのになんで!?」「あの子がハイスペック男子と結婚できるわけないのに!」とハイスペック男子と幸せな結婚をした女性を見て不思議に感じたり、納得行かない気持ちになったことはないでしょうか。

見た目が美人だから?いえ、それだけで男性からモテる訳ではありませんし、幸せな結婚ができる訳でもありません。

私の周囲にいるハイスペック男子の交際相手を見ていると実は驚くほど根本的に共通していることがいくつかあります。今回は特にハイスペック男子の周囲にいるモテる女性の共通点を分析して行きます。

モテる女性の共通点をハイスペック男子目線で分析

「ハイスペック男子と結婚したい」「ハイスペック男子の落とし方を教えて欲しい」

多くの女性から男性目線で見たモテる女性の共通点やハイスペック男子の落とし方をよく尋ねられます。

自分には割と自信があるけどなぜかいつも遊び人に引っかかったり、結婚には至らない。なぜか恋愛も長続きしない。

彼との恋愛が上手く行かなかったり、結婚に至らない理由がよく分からず悩める女性も多いのではないでしょうか。

ここからハイスペック男子目線でモテる女性の共通点を整理していきます。

自分自身を過大評価していない

周囲のハイスペック男子の交際相手を見ていると必ずと行っていいほど共通しているのが自分自身を過大評価していないということです。

自分自身を過大評価している人ほど恋愛では失敗しやすい。皮肉なことに若い内に男性からある程度チヤホヤされてきた人ほど結婚適齢期になってから焦りだし、結婚相手が見つからなかったり、本命の彼とうまくいかないという相談が多い。

その人たちに共通しているのは「そんなに自分は悪くないと思う」または「私は〇〇だから」と自分自身の容姿や職業・学歴などに妙に自信を持ち、それらを売りにしていること。しかし思っているほど周囲の人間がそうしたブランドを高く評価していないことがよくあります。

「美人だからいい女。高学歴だからいい女。職業が〇〇だからいい女。」とハイスペック男子が短絡的に物事を捉えることはまずありません。短絡的に考える瞬間があるとすれば「遊びの相手」に対してだけです。

容姿や学歴・職業などのブランドだけに頼っている内はハイスペック男子にはおそらく相手にされません。なぜならハイスペック男子もそれらを備えていることが多いので、それだけでは魅力を感じないからです。それにブランドに関して言えば、世の中にはもっと上が必ずいます。女優クラスの超絶美人や有名な家柄の超お嬢様、海外の超一流大学を卒業、女医・弁護士・女性パイロットなどハイスペック男子同等以上の職業に就く女性。容姿も美人。普通より少し上のレベルくらいでは太刀打ちできないハイスペック女子は世の中にたくさんいます。

そんなハイスペック女子たちの中にも結婚するからにはハイスペック男子に越したことはないと思っている人もいるはずです。そのようなハイスペック女子たちと肩を並べて、普通より少し上くらいのブランドだけで勝負することがいかに難しいことかということです。

とはいえハイスペック女子達が必ずしもプロポーズされまくるとは限りません。超絶美人であっても高飛車であったり、超絶エリートであっても女性らしさがなければ当然モテません。

一方でハイスペック男子からも追いかけられるモテる女性は、自分自身を過大評価しておらず、むしろ「自分はまだまだ」と自分磨きを怠らない。こうした女性は自分自身のできないことやダメなところから決して目を背けたりせず、日頃から更に上を目指そうと努力をしている。

またアピールできるブランドを持っているのにも関わらず、それをひけらかさず慎重に人と接するので一見してブランドがあると分からないが、会話をしていくと精神的に充実していて実力があることはすぐに分かります。

実は「そんなに美人でもないのにモテる女性」にはこのタイプが多い。ストレートに言いますがそんなに特別美人でなくてもハイスペック男子と幸せな家庭を築いている女性はたくさんいます。その女性たちに共通しているのは自分自身を過大評価して高飛車にならず、逆に「自分は美人ではない」「自分には〇〇が足りない」と自らの価値観で正しく自己評価をし、更に自分磨きをしているところです。

その結果、年齢と共に精神的・経済的にも自立していきハイスペック男子と対等に渡りあい、尊敬されるような女性になっているから恋愛がうまくいき、結婚に至る。

下手な他人と群れない・人の言葉を過信しない

日本では他人との協調性が第一と教育されてきているので周囲に合わせて自分の意見を押し殺したり、周囲の評価を極端に気にする傾向があります。

しかし周囲の目ばかりを気にしていると他人と比較して自信を失ったり、他人の評価を鵜呑みにして自分自身を過大評価してしまいます。その結果、いつまで経っても精神的に成長できません。

同じように集団の中では自分自身の本当の評価を見落としやすい。例えば航空会社に勤める私の友人女性の話ですが、職場でパイロットやCAなど華やかな人材に囲まれていると「私もイケてる」と思うことがあるらしい。しかし、いざ自分より格上のハイスペック男子にアプローチをしたら遊ばれて終わってしまったとのことです。確かに会社などある集団の中にいると自分があたかもデキるようになったような気分になることはあります。特にかつて憧れ、目指していた職業や環境に今、自分がいる場合はなおさらです。

大事なのは関わる人を選ぶこと。そして下手な他人の言葉を鵜呑みにしないことです。

ハイスペック男子から追いかけられるようなモテる女性は本当に心を許せる人間、参考にできる人間を選んでいますし、下手な他人の言うこと(褒め言葉など)を過信したりしません。

特に日本人は思っていることをストレートには言わないので言葉など当てになりません。例えば、相手の服装が本当は似合わないと思っているのに言葉では「似合う」などと言ったりします。他人の言葉に一喜一憂するのではなく、自分のダメな所やできないことは自分で見つけ出すことが大切です。

それらを常に改善していくことで年齢と共に成長し、精神的に自立した人間になっていきます。下手な他人と群れず、自分にとって有益な人と関わることで自分磨きために必要な時間とお金を効率よく費やすことができます。

それが他人との差になり、ハイスペック男子からも追いかけられる魅力を生む結果に繋がります。

まとめ

余談ですが人の言葉を鵜呑みにして自分自身に正しい評価ができず失敗した例があります。私が過去に交際していた女性で超絶高飛車で実力もないまさに「口だけ」の女性がいました。(本性を見抜けなかった私にも落ち度はあるのでそこは反省しています…)

自称「婚活のエキスパート」で料理関係の職業に就いていて食のプロだから料理も自信があると自負していましたし、「世の中の殆どの女性は料理ができないの。だって女友達は皆料理下手なんだもん!笑。信じられな〜い!」と彼女が言っていたのも悪い意味で印象的でした。

しかし婚活のエキスパートと言いつつ、実際には結婚している訳ではなく、料理も激マズ。美味しいと思った料理はほぼ既成品の惣菜を買ってきて皿に移しただけのもの。なぜそんなに自信があるのかと不思議に思っていたら周りの友人からの恋愛の相談に乗って婚活の先生扱いされたり、男性からそれなりにチヤホヤされ調子に乗って、更に交際当時、副業で恋愛女子力の講師として多くの女性を指導していました。そのためか妙にポジティブ思考で、実際には実力が全くと言っていいほど何もないのに自らを過大評価し、自分はどの女性よりも魅力的だしデキる女性だと大口叩いていました。(自分で自分の事を凄いと言うと嫌われるとハッキリ指摘すれば逆切れする女性でした)

他人の評価に頼り過ぎて自分自身の本当の実力や評価を見失った典型例です。売れ残るのが嫌で本気で結婚したいのであれば、見たくない現実でも目を背けず直視し、できない自分を認めて改善するための努力をすることが大切です。

自分自身を過大評価せず、至らない部分を自分で見つけて素直に受け入れ改善する。年齢に取り残されず、精神的に自立し男性から愛される女性・モテる女性になるためには男性と対等に渡り合える高い精神性が必要です。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018