パイロットとの出会いをパイロット目線で解説 〜地上研修編〜

「パイロットと出会いたいけど、どうすればよいか?」という質問をよく受けます。一番良い方法として航空関係会社で働くことが挙げられます。

今回はその中でもグランドとパイロットの出会いについてまとめます。

パイロット訓練生の地上研修

グランド(地上勤)であれば確実にパイロットとお近づきになれます。日本の一部、航空会社のパイロットは入社してすぐ訓練が始まる訳ではなく、まず地上勤務に配属され、社会人基礎を養うために研修を行うというのが一般的。

この期間こそ知り合うのには絶好のチャンス!本格的に訓練が始まってしまうと、副操縦士としてチェックアウトするまで再び接する機会がほぼないからです。

パイロット訓練生たちの日常と印象

パイロット訓練生たちはやはりモテます。業務の傍らでグランドからのアプローチが多いなという印象。リアルな話ですがキットカットにLINEのIDを付箋で貼り付けて「お疲れ様でした」と言って渡したり、手紙を書いて渡したりしている光景を日常的によく見ます。

訓練生はというと人それぞれですが、私の周囲には真面目な人が多いという印象。積極的に女性に話しかけるというよりは粛々と業務に取り組む感じだった。皆、交際には慎重なのだと思います。私の同期いわく、何となく結婚するのは嫌だし、会社生活に支障が出ては困るので誘惑に負けないよう粛々と業務に臨んでいるそう。なぜなら訓練でフェイルするよりも何となく結婚し後悔する結婚フェイルの方がよほど怖いから。笑

パイロットも恋愛・結婚には慎重

パイロット訓練生も恋愛・結婚には慎重です。内面をしっかりと見極めないと失敗することも重々承知しているので、実は周囲からの情報収集に余念がありません。

実際に私が経験した話ですが、休日に空港を利用したときのことです。某航空会社のカウンターでグランドとCAが揉めていました。聞く耳を立てていると、CAが社割を利用して搭乗する際、一部予約を変更しようとカウンターの列に並んでいたところ、グランドから「他の客に迷惑がかかるから、クルーは自動チェックイン機に並んで!!」と横柄な態度で指示を受けていた。しかし、その変更は自動チェックイン機では手続きできないもので間違っていたのはグランドの方。CAに対抗意識を燃やしてか、人によって態度を変えることはよくあるのだそうで、この時もかなりバチバチに揉めていまいた。そしてCAが去った後、パイロットやP訓(パイロット訓練生)にはこれでもかと言わんばかりの満面の笑みで時間をかけて対応していました。笑

このような女性は絶対に関わりたくないと訓練生たちは口を揃えて言います。見ているだけでもすごく不快になるし、周囲のお客様の視線もある。いつ誰にどこからこの光景を見られているか分かりません。流石にこの時は私からも注意しました。グランドの方全てがこのような態度をする訳ではなく、優しく気の利いた誰から見ても素晴らしい仕事をする方も多いのですが、こうした例外的なケースも実際にあります。

この件があって以降、同期の「訓練の前に結婚でフェイルするな」という名言を胸に自分も数々の甘い誘惑に惑わされないように、スナイパーみたいな女性に狙撃されないように必死でした。笑

まずは自分磨きから始めましょう

気持ちはわかりますが、他人の幸せや成功を妬み、批判をするのは誰から見ても印象はよくありません。

実際に周囲の男性パイロットの交際相手を見ていると、どのお相手も輝いていて魅力的な印象を受ける人が多い。パイロットたちに聞いてみてもこれまでの苦労の対価として自分と同等かそれ以上の価値観や内面を持っている女性に惹かれると言います。私自身もこの意見には共感できます。幸せを掴む人はきっと素直に他人の幸せや成功を共に喜び、批判するのではなく、どうすれば自分もその人のようになれるのか学び、自分を磨こうとするのではないでしょうか。

常に人に見られていると思い行動する

カウンターでのGSとCAの対立についてお話しましたが、このケースに限らず、いつ・どこで・誰に見られているか分かりません。女性として人間として、一部のターゲットだけに取り繕うのではなく、どんな場合においても他人に見られて恥ずかしくないように心がけて行動しましょう。

上記は分かりやすくするために私が実際に経験したダメな強烈な例をあげましたが、人間としても女性としても気配り・気遣いできる素敵なGSの方は多くいます。この様な女性であれば実際にパイロット結婚してる人も多いです。やはり人間力が高い人はパイロットに限らずどの男性から見ても魅力的です。

グランド(GS)を目指される方は是非参考にしてみてください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018