ハイスペック男子の「やり逃げ」をパイロット目線で分析

ハイスペック男子との恋愛事情に悩みを抱える女性から相談が多いのがこの「やり逃げ」というテーマ。

体の関係を持ってしまった途端に彼が冷たくなった。LINEを突然ブロックされた。もしかしてやり逃げ?ハイスペック男子から甘い言葉を囁かれ、口説かれて事に及んだのだから私はやり逃げの相手ではないはず。

ハイスペック男子が本気かどうか、自分自身が本命なのか見分けるのは至難の技ですね。今回はハイスペック男子とのやり逃げについてパイロット目線の分析していきます。

ハイスペック男子の「やり逃げ」

他の誰よりも先に一夜を過ごせば彼が本気になってくれるに違いない。もしくは男性から甘い言葉を囁かれたから相思相愛に違いないと思い、その場の雰囲気に流されホテルで一夜を過ごす…。

その後、避けられるようになり次第に連絡が来なくなった。または2〜3ヶ月は交際らしき状態が続いたが結局、長続きしなかった。

ハイスペック男子にとってみれば一夜限りの恋とは「ありがとう」の一言。なぜなら最初からセックスが目的であって、相手を愛することが目的ではないから。もちろん人によるので全員に当てはまるわけではないが見極めは必要。

男性は愛がなくても一夜を共に過ごすことは可能であるというポイントをまず押さえておくべき。例えエッチをしてしまったとしても相手の男性が確実に自分を愛してくれる保証はどこにもないし、やり逃げは日常茶飯事。

上記のように簡単に誘いに乗ってしまい行動すればするほど男性から「軽い女」というレッテルを張られるだけで逆に本命から遠ざかっていくばかり自分以外の他の男性とも同じように簡単に関係を持っているのではないかと疑うし、大切にしてあげたいという気など起きません。全ての男性について言えることですがハイスペック男子を狙いたいなら尚更のこと。

ハイスペック男子が好む女性

ハイスペック男子が好む女性については別の記事でも紹介しているのでそちらも参考にしてみてください。

ハイスペック男子はこれまでに大変な努力で地位や収入を得てきた人物。そのような男性は女性からのアプローチも非常に多いので一夜だけの関係で結婚に結びつけるのは至難の業。

この方法に頼る以前に、自分には胸を張って言えるような強みはあるのか?他のライバルに負けないような何かを持っているのかなど深く考える必要があります。それをせずにセックスに頼って自分を安売りしてしまうのは危険。

ハイスペック男子が好む女性 〜パイロット編〜

2018-08-26

やり逃げ・ヤリモク男性の特徴

やり逃げされてしまうのは誰もが避けたいもの。ハイスペック男子と本気の恋愛をしたいけど、体が目当てで寄ってくる男性を見分けるのは至難の業。ここではいわゆる体目当てのやり逃げ・ヤリモク男性の特徴を男性目線でまとめます。

やたらと褒めまくり、甘い言葉をささやく

これは常套手段でその日のうちにホテルに誘導したいという思惑からくる言葉の数々です。最初から妙に優しかったり、容姿や性格などをやたら褒めてくれるけど、いつの間にかホテルに行く流れになっているなんてことはありませんか?

人は褒められれば気分がよくなり相手の要求を受け入れやすくなるものですが、それも男性の戦略です。安易に誘いに乗って犠牲になるのは自分自身なのでこの手の男性には注意が必要。

ただ友人女性たちの話を聞いていて更に問題だと感じるのは、女性が自分からガツガツ行って体の関係を持ち、後になって遊ばれたと嘆くパターン。もはや自業自得というか自己責任というか…。

「軽い女」「セフレ」認定されたらもう本気の恋愛や結婚は不可能に近い。男性の性欲を解消してあげても、それが愛情で返されるとは限らないから。

相手の話を深掘りしない

女性の容姿やその場で聞いた性格的・内面的なことを褒めはするが深掘りしてこない場合は注意が必要。

私が今の妻と交際を始めた時がそうでしたが、男性は本当にこの人と交際したい、大切にしたい愛したいと思える女性をとことん追いかけます。

女性の仕事の成功や失敗談、食べ物・お酒の趣味や休日の過ごし方、料理の腕前、家族観などをあらゆる話題を通じてとにかく女性の内面を知りたがります。話を深掘りして自分との共通点が見つかれば更に魅力的に映るし、親近感を感じるもの。

表面的な褒め言葉や甘い言葉に良い気になって騙されてはいけない。本当にこの人は自分に興味があるのか、それともセックスに興味があるのか見極めることが大事。一回で見極められないなら何度かデートを重ねるほうがはるかに良い。

デートというデートをしない

いつも食事をしてホテルに直行。これは完全にセフレか遊び目的の女性とされている可能性が高い。

おそらくそういった男性は「忙しくて時間がない」という類の言い訳を述べるはず。でもはっきり言って時間なんてどうにでもなります。私もパイロットですが今の妻と結婚に至るまでに無理矢理にでも時間を作って色々な場所にデートにいきました。

何度も言いますが、本当に大切にしたい女性のために男性は積極的に動くんです。仕事のスケジュールなどどうにでもなりますし、有休を使う手もあります。もし調整がつかないのなら仕事ができないか、女性に興味を持っていないかです。

ボディタッチが多い

女性が男性に対してやる小悪魔テクニックでよく紹介されるような話ですが、逆の場合もあります。

もちろん女性の合意の範囲内で触れる訳ですが、その合意の仕方次第ではまたしても「軽い女」のレッテルを貼られ、一夜限りで終了になりかねません。肩を抱き寄せても嫌がらない、簡単にキスを許してしまうなどのケースもよく聞きますが遊び目的の男性にとっては思う壺。

女子力以前に人間力

ハイスペック男子に大切にしてほしくて、本命にしてほしいのならばまずは女子力以前に人間力を磨いてください。そして自分を安売りせず、大切にすること。

すぐに手に入るものほど愛着は湧きにくい。この感覚は例えるなら100円ショップで物を買う感覚に似ています。100均の商品は安く便利ですぐに手に入るけどそれほど愛着が湧かず、用が済んだら捨ててしまうものがほとんど。

一方、苦労してお金を貯めてようやく買えた高級ブランドのバッグはどうでしょうか?大事にしたいと思いませんか?私も自分で苦労して稼いで初めてブランド物を買ったときは嬉しくて仕方がなく、念入りに手入れをしながら大事に使ったものです。

自分という「ブランド」をまず確立することが男性に振り回されないために重要。それはメイクや服装といった表面的なことだけでなく、内面を磨くことが必要です。(カマトトぶるのとは訳が違います。フリだけで中身のない高飛車女に映ったら意味がない。)

自分自身の価値を高級ブランドにまで高められれば自然とハイスペック男性は寄ってきますし、本当に大切に愛してくれるのではないでしょうか。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2019