英語リスニング力をアップさせる方法をパイロットが解説

前回はパイロットになりたい人向けに英語勉強法を紹介しました。

その中で英語の学習は「毎日、少しでも英語に触れる時間を作ること」が大事だという話をしましたが、今回はネイティブではない純日本人の私が普段どのような継続学習を行っているのか紹介していきたいと思います。

英語学習は「継続」が命!パイロットの英語学習法

英語の勉強法はネット上でも様々なものが紹介されています。

私自身も学生の頃から色々な方法を試しましたが、なかなか自分に合ったものが見つからず、あちこち手を出しては失敗していました。

社会人になった今、思うのは英語学習には「継続」がまず第一だということ。では「継続」して英語を学習するためにはどうすればいいか?

それは「楽しみながら学ぶ」ことに尽きると思います。

私は学生時代、英語の文法や熟語を覚えたりする作業が本当に嫌いでした。当時は受験のためと割り切って勉強していまいたが、楽しいと感じたことは一度もありません。喜べたのは大学に合格した一瞬だけです。

「受験のための英語」は実践では使えない

この「受験のための勉強」が日本人に英語が苦手な人が多い一番大きな原因なのではないかと思っています。

大学生の頃、留学生にこんな質問をされたのを覚えています。

「私の好きな食べもの日本食です」「私の好きな食べもの日本食です」は何が違うのですか?

後者は明らかに間違っているのは日本人ならすぐ分かりますが、私はその場で留学生に対してうまい説明ができませんでした。そもそも品詞とか実際の会話でいちいち考えてないですし、幼い頃から耳で聞いて無意識に覚えているのでこのような違いを説明する機会がなかったからです。

日本では学校で英語をそれなりに長く勉強しますが、英会話ができる人はほとんどいない。

理由は単純で日常英会話やビジネス英会話では使いもしない英語の文法や単語・熟語などの知識ばかり覚えているからです。そして英語を学んでも試験で答えを読み書きする時しか英語を使わず、英会話の練習をしないからです。

つまり人と人との会話で使われる「生きた英語」を学んで会話で実践していないからです。全ての学校の勉強が無駄だと言っている訳ではありません。学校で学ぶ文法や単語、熟語などはある程度知っていないと英語学習は捗りません。

大事なのは学校の勉強だけで終わらず、「生きた英語」を習得することが社会に出て実践で役に立つということです。

「生きた英語」を楽しんで学習する方法

映画を和訳してみる

今回、英語のリスニング学習の方法として私がオススメするのはお気に入りの映画を和訳するという方法です。

学生の頃にはよくレンタル店に通って最新の映画やお気に入りの映画を借りまくっていました。当時はDVD5枚を借りると1000円くらいでそれなりに費用がかさみましたが、昔からアクション映画が好きだったのでこの方法で英語リスニングを学習していました。

現在ではスマホやタブレットで映画やドラマが定額で見放題というサービスがあるのでそれらを使って今でもリスニングの練習は続けています。私は値段の安さと海外映画・ドラマの多さからHuluを使っています。

映画リスニングの際には下記のように和訳をしていきます。

映画リスニング学習の方法
  1. 日本語字幕付きで見て映画の内容を把握する
  2. 英語字幕付きで見て、すぐに理解できない所はメモを取り意味を調べる
  3. 字幕無しですべて見る

この単純作業が後々バカにできないほどの量の英会話の知識に変わり、同時に英語が聞き取れる耳を鍛えます。

また映画のように映像を伴う学習は英会話がいつ・どこで・どのようなシーンで使われるかが分かるので覚えたフレーズを実際の会話で使う時にとても参考になります。

テキストを読むだけの学習ではなく、実際に使える「生きた英語」を習得するにはとてもいい方法だと思います。

番外編:管制機関と航空機の通信を聴く(パイロット目指す方向け)

ここからは英語リスニング学習の番外編でパイロットを目指す方や飛行機好きな方向けの少しマニアックな話になります。

無線機を購入すれば、管制機関と航空機のパイロットの無線を聴くことができます。もしくはLiveATCというアプリを使えば無線機がなくても一部の通信を聴くことができます。

管制機関とパイロットが使う英語は「航空英語」と呼ばれ、やり取りの誤解やミスを防ぐために決まった英会話フレーズを使って通信が行われます。最初は何を言ってるかサッパリ分からないかもしれませんが、航空英語で使われるフレーズは決まっていますので覚えてしまうと簡単です。

内容が理解できるようになれば管制機関がどのような指示を出しているのか、パイロットは何をしようとしているのかなどが通信を聴くだけで手に取るように分かります。「あ!これから777が降りてくるな」「(先行機がもたついてたから)シンガポール航空がゴーアラウンドさせられて可愛そう」とか。笑

まとめ

今回は英語リスニング学習の方法を紹介しました。

これもあくまで一つの学習方法で人によって好き嫌いがあるかと思いますが、楽しんで学ぶことで「勉強」や「学習」だと構えずに気楽にやることが英語上達のコツかなと思います。

気合いを入れてやると一時的にテストの点数は伸びるけど次の学習には繋がらず、結局、英語に触れる習慣が確立していないから元の状態に逆戻りなんてことはよくあります。

この他にも自分が楽しんでできる方法があれば、そちらで継続して学ぶ習慣を確立してみて下さい。

次回は英会話の学習法・練習法についても紹介していきます。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018